福祉教育

児童生徒や地域住民に対する福祉教育を推進するため、区内の小・中学校、高校の総合学習の時間に行われている高齢者疑似体験や車椅子・アイマスクなどの福祉体験学習や、地域行事での福祉体験学習を支援しています。

福祉教育についてのご相談、用具の貸出、講師やボランティアの手配などの支援が可能です。用具の貸出は無料で、当会は謝金等をいただいておりません。
お電話または窓口にて、当会の福祉教育担当者にご相談ください。

福祉体験教室
車椅子体験、ガイドヘルプ体験、介護体験、手話体験、福祉についての講義、ボッチャ体験、車椅子バスケット体験、介助犬についての講義など。


・車椅子体験(東邦高校にて)


手話体験教室(東邦高校にて)

介護体験(東邦高校にて)